DD、NDD、STP方式、ECN方式

DD方式NDD方式の違い

FX会社との取引は大きく分けてDD(Dealing Desk)方式NDD(No Dealing Desk)方式という2つの取引方法に分かれます。 国内FX業者の多くはDD方式、また一方海外FX業者の多くはNDD方式を採用しています。

違いは、顧客であるトレーダーの注文をそのままインターバンク市場に同量流す(為替ディーラーが居ない)のがNDD方式。(インターバンク直結)
トレーダーの注文を為替ディーラーがインターバンクに流すか、流さないかを判断して一部だけをインターバンク市場に流すのがDD方式です。(相対取引)

DD方式のブローカーをDD業者、NDD方式のブローカーをNDD業者と言ったりします。

一般的にNDD方式の方が約定力が高いと言われてます。またDD業者は客の注文をのんでいるのでノミ業者と揶揄されたり、注文をのんでる分顧客の利益が業者の不利益、顧客の不利益が業者の利益という図式が出来上がるので取引の透明度が薄い印象を持つ人が多く、NDD業者の方が透明度が高い取引ができると言われています。

NDD方式はSTP方式とECN方式に分けられる

上記で説明したディーラーが居ないNDD業者の口座タイプはSTP(Straight Through Processing)方式と分類され、多くの海外FX業者のスタンダードな口座はこれになります。

NDD業者はSTP方式の口座の他にECN(Electronic Communications Network)方式と呼ばれるタイプの口座を用意している場合が多く、ECN口座はSTP口座と比較して更に約定力が高く、スプレッドも狭いのが特徴です。
ただし最低入金額がSTPよりも高く設定してあることがほとんどです。

ECN方式とは、ECNという私設取引所に直結して為替を取引する発注方法のこと。

ECN 最低入金一覧