レバレッジとは小さい資金で大きな利益を狙えるFX最大の魅力

レバレッジとはテコの原理

レバレッジとは「テコの原理」を意味します。 小さな力でも重いものを動かすことをできるのが「テコの原理」であるように、FXにおいては実際の証拠金を担保にその金額を超えた取引を行えます。

国内業者は国の規制で最大25倍まで、海外業者であれば規制なし

証拠金の何倍もの取引をできる仕組みですが、国内のFX業者であれば規制により最大25倍、海外業者であればなんと1000倍を超える業者もあります。

少ない資金で大きな取引ができる

例えば1万円の証拠金で取引する場合、国内業者の25倍であれば25万円分、1000倍の海外業者であれば1,000万円分の取引ができるということですね。 他の外国為替取引と違い、レバレッジをかけて効率的に利益を上げることができるという点がFXの最大の魅力でありメリットです。

例)仮に1ドル100円の時に自己資金10万円でドル円を購入
ドル円が1銭上昇し100.01円になった場合
レバレッジなし → 10円の利益
レバレッジ25倍 → 250円の利益
レバレッジ1000倍 → 10,000円の利益

レバレッジのリスク

レバレッジ取引は少ない資金で大きな利益を得ることを可能にしますが、逆に失敗した時には大きな損失を生むリスクがあります。
予想と反対の値動きが起った場合に資金が大幅に減る、無くなるリスクがあります。

例)仮に1ドル100円の時に自己資金10万円でドル円を購入
ドル円が1銭下落し99.99円になった場合
レバレッジなし → 10円の損失
レバレッジ25倍 → 250円の損失
レバレッジ1000倍 → 10,000円の損失

海外FX業者のレバレッジ

海外FX業者別のレバレッジを知りたい方は下記のページを参照
少額から大きな利益を狙えるのはリスクをはるかに上回る魅力ね。中には1万円を数千万円にした猛者もいるのよ。
モナ
モナ
サトシ
サトシ
なに~!?、俺も1万円から成り上がってやる!